MENU

ペットにはペットにあった水素水

最近、テレビや雑誌、またスポーツ選手が飲んでいることで話題になっている水素水ですが、犬や猫などのペットに与えても大丈夫なのか知りたいという方が増えています。
水素水は身体の中の活性酸素を除去する働きがあり、健康はもちろん、ダイエットやアンチエイジングなど様々な効果が期待されて人気が高まっています。
身体に良い水素水をペットにも与えられないのだろうかという声が多い中で、ペット専用の水素水販売されています。
ペットも人間同様、呼吸で吸った酸素の中の2%が活性酸素に変化します。
人間よりも身体が小さい犬や猫は、人間よりも即効性があり、効き目が分かりやすいという声もあります。
犬や猫の死因に多いのは、ガンや心臓病、腎臓病です。
特に、腎臓病は体内にナトリウムが溜まりやすく、水素水のようなミネラルが入っていない水が理想的であるという研究結果も出ているほどです。
ミネラルは犬や猫にとっても大切な栄養成分でもありますが、ペットフードなどの栄養価が高く、そこにミネラルウォーターなどの水を与えてしまうと、ミネラルだけが過剰摂取となってしまい、尿結石症などの病気を引き起こすリスクも高くなってしまうのです。
その点、水素水はミネラルが含まれておらず、安心して与えることができるのです。
また、ペットの水素水は、アルミパウチに入ったものが多く水素が抜けにくくなっています。
1度開封すると、徐々に水素は抜けていきますが、3日間は9割程度の水素を保つことができます。

猫の健康維持に水素水を

猫を飼っている方には自由に外に出してあげる飼い主さんもいれば外は危険だからと家から出さない飼い主さんもいます。

 

猫は基本的に外に出たがるものですが、外には車や他の動物など危険が多いので家から出さない飼い主さんやマンションなどの住宅事情でそうなっている場合もあります。すると、室内で飼われている猫は運動不足になりがちになり人間と同じ様に成人病の心配が出てきます。そこで注目されるのが水素水です。

 

水素水は水に活性水素を加えたもので、この活性水素には体内の活性酸素を素早く中和するという強い抗酸化作用がある為、美容と健康、老化防止に高い効果が期待されるものです。

 

この水素水は基本的に水素を多く含むただの水ですので副作用の心配などはありません。ですので、何も人間だけに使用出来るというものでも無く、猫の飲み水にしても何も問題は無いのです。

 

人間でも動物でも運動不足による肥満などは様々な病気の元となりますし、寿命も縮めてしまうものです。人間であれば食事などで節制するという手もありますが、家から出れない猫などはある意味食べる事だけが楽しみですのでそれを節制させるというのも可哀想なもので、ついつい多くエサをあげがちになってしまいます。
ですが、それが肥満につながり更に病気につながってしまったら本末転倒なことにもなります。
水素水にはそういったリスクを軽減する効果が期待されますので、上手に利用して飼い主さん共々健康維持に努めてみましょう。

犬に水素水を与えるとどうなるか?

人間に様々な効能をもたらす水素水ですが、実は犬にも良い影響を与えると言われています。

 

地上で呼吸をしている動物のほとんどが体内で活性酸素を作り出しています。人間と同じように動物もその活性酸素が原因となって皮膚病や様々な病気にかかるリスクが増えてしまいます。

 

飼い主がタバコを吸う場合は、副流煙が体内で活性酸素を作るきっかけとなります。運動不足やストレス、添加物が入ったドッグフードを長期間食べてることによっても病気のリスクが高まると考えられています。
そんな活性酸素が溜まった犬に水素の含まれた水を与えることで、人間と同様に体内の活性酸素が取り除かれたという報告が挙がっています。

 

まだ確かな実証記録はありませんが、少しずつ水素水が犬に与える影響を示したデータが得られるようになってきているというのです。

 

とある獣医がアトピーやアレルギー、皮膚炎を持った犬に高濃度の水素水を飲ませたところ、大きく改善するという効果が見られたとのことです。また、治療方法がないとされる腎不全にかかってしまった犬に水素水を与えたところ、完治はしなかったものの元気が出たというケースもあるようです。

 

最近では多くの動物病院で水素水を取り入れた治療が行われるようになってきました。近い将来、水素水が病気で苦しむ犬たちを救うための重要な役割を担う存在になるかもしれません。

 

研究者たちの努力によって、水素水の持つ可能性は広がっていくことでしょう。